私はあまり家の中の物を増やしたくないタイプなのですが、ミュージアムショップの雑貨だけは別で、海外の博物館へ行った時には必ず何か買って帰ってしまいます。 美しい壺をかたどったマグネットや、昔の水墨画をプリントしたクリアファイルなど、その美術館の有名な展示物をモチーフにした雑貨が販売されているので、そのミュージアムショップでしか買えないものが見られて楽しいです。 土産物屋のごちゃごちゃした雰囲気とは全く違い、洗練されたショップの中にセンスの良い品々が並んでいるので、お値段は決して安くありませんが、その博物館に行った記念になりますし、インパクトの強かった展示物をモチーフにした雑貨を買うと、見るたびにその時の感動を思い出したりします。 値段をつけられない国宝級の美術品を、文房具などの身近なアイテムのエッセンスにしている発想がユニークで、持っているだけで、ちょっとインテリの気分にもなれるのが面白いところです。