腰痛は筋肉を鍛えることで改善することが出来ます。単純に考えると、背筋を鍛えれば腰痛がよくなるように思えますが、背筋に加えて腹筋を鍛えることが必要です。背筋と腹筋が鍛えられると、背骨が強い筋肉によって支えられます。この状態ですと、腰痛を引き起こす背骨に負担がかからず、痛みが和らいだり、症状がなくなったりするのです。それで背筋、そして腹筋を鍛えることは腰痛持ちにとって非常に重要です。しかし腰痛持ちの人が背筋や腹筋を鍛えることは容易ではないかもしれません。それでいくらか鍛え方を工夫する必要があります。まず多くの人が行っているのが足上げ腹筋です。床に仰向けになって寝そべり、足を真っ直ぐにしてかかとを少し上げ、その状態をしばらくキープする方法です。また仰向けの状態で足をイスなどにかけて高くし、その状態で一般的に行われる腹筋運動を行うことも腰に負担をかけずに筋トレを行う方法の一つです。このようにして腰痛緩和の筋トレを行うことが出来ます。